2006年04月17日

ランチ処その165 手作りの味 むつ味

むつ味

渋谷区代々木2-30-3
11:30〜
喫煙可

ランチメニュー
・フライ定食(¥650)
・焼魚定食(¥650)
・煮物定食(¥650)


コメント
ついに禁断のお店に突入してしまったQL1。川口浩風に言えば「前人未到の居酒屋に幻の定食を見た!!!」てなとこでしょうか?
のれんは出ているけれど果たしてやってるのかどうか、仮にやってたとして全部値段が¥650のたった3種類のメニューでいったいどんなものが出てくるのか・・・。
不安だらけでお店に入ってみると、ソルタナに続いてこれまた昭和レトロを地で行くカウンターのみ8席の薄暗い店内。テレビは昼のプレゼントならぬ
「生中継ふるさと一番!」をやっているものの、一番奥の席にはやたらに声のでかい、すでに店のオブジェとなってしまったかのようなご老体が番組の内容にいちいち反応しておられます。そして連ドラが始まったと思いきやチャンネルは無情にもぶちっとみのもんたに。
ま、それはとりあえずおいといて、むつ味初陣のQL1は煮物定食を注文。何が出てくるか楽しみに待っていたら豚の肉豆腐が出てきました。うーんでもなんだかお肉のにおいが変。ヤギのチーズでシェーブルチーズってありますが、なぜかあれっぽい匂いがします。実はヤギの肉豆腐だったのかなぁ・・・。
(QL1)
↑のレポートで興奮冷めやらぬのか、隊長の再訪にお供しました。果たしてそこは昭和のワンダーランドとでも言うべき異空間。小料理屋風の体に、女将と呼ぶには少々お年を召された女性が店を切り盛りしておられます。が、それよりも何よりも店内奥の男性客。店の全てをコントロールしてしまう、まさにむつ味の司令塔とも言うべき存在。みのもんたの家庭事情から公団住宅の歴史まで、彼に分からないことは皆無のようです。何にでもツッコミ入れてきます。ランチそのものはビミョーな味わいなのですが、アミューズメントパークとしての味わいは非常に深いものがありました。
(QL2)

お店
むつ味_お店_20060417.jpg

煮物定食
むつ味_マ物定食_20060417.jpg

焼魚定食
むつ味_焼魚定食_20060426.jpg



posted by QL1 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食::居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。